交通事故弁護士の費用と賠償金相場

交通事故を弁護士に依頼した場合の弁護士費用と、被害者が加害者(加害者が保険に加入している多くの場合は保険会社)から受け取る賠償金の関係・相場を比べると、
交通事故被害者に後遺症が残った場合にはとくに弁護士に依頼して賠償金を受け取るようにした方が被害者が加害者から受け取る金額は大きくなることが多いです。
それも重症なら1億円上がることもありますし、むちうちでも数百万円上がることも珍しくありません。

 

交通事故の防止

すごく当たり前ですが、まず周りをしっかりと見て慎重に運転する、これが交通事故を防止する上で必要な事になります。
ただ四六時中気を張り詰めている事はなかなかできず、時にはタイミングが悪くて事故に遭ってしまう事が有ります。
勿論、万が一交通事故に遭ったらすぐに警察に電話をし、さらに保険会社にも連絡をすると言うのが基本的な流れとなっていますが、誰かが怪我をしているという場合はただ車に傷がついた時とは違って対応自体が少々複雑化する場合も少なくありません。
また、怪我も簡単に治れば良いのですが、時には障害の残る事故の場合もあります。
ではもし怪我によって障害が残ってしまったら、またその可能性があったらどうすれば良いでしょうか。
一般的に交通事故の示談交渉は保険会社の担当の人にお願いすることが多いと思いますが、その場合、自分の納得のいかない結果となる場合も決して珍しくありません。
ただ後遺症となると出来るだけ手厚いサポートを必要とするので、なるべく早く事故を解決させたいからと言って本当は納得していない状態でも示談してしまうのは決して良くないと言って良いでしょう。
しかし保険会社としても交渉出来る範囲には限りがあります。
そんな時こそ弁護士に相談する事が重要です。
後遺症の残る事故の場合は、今後のサポートの事などを考えて出来るだけ保障してもらう必要が出てきます。
その時の交渉をうまく行ってくれるのが法律のプロである弁護士です。
実際に法律の知識を用いて、さらに過去の判例などから正しい結果に導いて行って貰う事が出来ます。
ただ交渉に臨むのは弁護士であれば誰でも良いわけではなく、まずは実績のある弁護士を探すところから始めましょう。
その方がより自分の納得の行く結果になる可能性が高くなります。

ページ上部へ戻る